« 和田小学校料理クラブ | トップページ | おせちの準備 »

リーダーシップ同窓会&遠山郷の休日

1254038845  

9月26日(土)、27日(日)は遠山郷のイベントが開催されました。
今回はリーダーシップ研修を受けられた方々の同窓会と、
遠山郷の休日の同時開催です。
お客様27名、スタッフ入れて33名という大人数でした。

P9260011  

まずはお客様が乗られるバスを洗車します。
かなり大きく感じた大善さんのバスも、ついに今回
乗り切れないことになりました。
スタッフの車を合わせて行動します。

P9260012_2  

集合後、私が普段働いているかぐらの湯の中にある
味ゆ~楽で昼食を召し上がって頂きました。

P9260025  

昼食後は、バスでしらびそ高原へ。
こちらではアルプス山脈の絶景がご覧いただけます。
標高が2千メートル近いので、少し肌寒いです。

また、藤原による笛の演奏も行われました。

笛の音
「wadatv09094.mp4」をダウンロード

P9260029  

しらびそ高原には、昔実際に使われていた
森林鉄道が展示されております。

こんな小さな車両で、大きな丸太を運んでいました。

P9260032_2  

ハイランドしらびそでは、挽きたてのコーヒーが味わえます。
コーヒーで体を温めていただきました。

しかも、使用したカップは無料で持ち帰ることが出来ます。
原始人とクレーター(昔このあたりに隕石が衝突しました)の
絵が描かれた可愛らしいカップです。

P9260034

私はこっそりと鹿肉バーガーを購入しました。

P9260037_2  

しらびそ高原の後は、かぐらの湯での入浴を楽しんでいただき、
今晩宿泊するいろりの宿「島畑」さんで懇親会です。
市議会議員の湊さんもいらっしゃり、お客様を歓迎します。

P9260060_2  

懇親会では、山肉をはじめ山の幸を堪能していただきました。
どんどんと盛り上がり、皆で合唱もしました。

みんなの歌(映像は木沢小学校校歌)
「wadatv09093.mp4」をダウンロード

P9260055_2

宿のご主人から珍しいお酒を飲ませていただきました。
鹿の角を漬けた焼酎、大スズメ蜂を漬けた焼酎、
熊の胆など、普段飲めないお酒ばかりです。 

P9260054_2  

このお酒のおかげで、どんどんと元気が出てきます。
飲みすぎは注意です。

P9260066  

懇親会の後はおなじみの二次会。
カラオケスナック「舞夢」で盛り上ります。

ここまで盛り上っている「舞夢」を見るのは初めてです。
最終的にはディスコの様になっておりました。

初めてお会いする方々も意気投合です。

P9260072  

こんなシーンも見ることが出来ました。
さらにどんどん盛り上ります。

P9260075_2  

夢を見ている方もいました。
※こちらはスタッフの方です。

二次会で物足りない方々は、宿で三次会です。
宿の自販機が空になったようです。

一日目はこれにて終了。
ぐっすりと宿で疲れを取っていただきました。

P9270077_2  

翌朝、みなさん二日酔いかと思ったら元気でした。
和田地区にある龍淵寺さんに立ち寄り、観音大杉を見学です。

住職さんからもご案内頂きました。

P9270085

日本名水百選の観音霊水をいただきました。
タンクをご持参の方もいらっしゃり、すっかり有名な場所です。
日本一のナチュラルウォーターは県外からも汲みに来る方が
多くいらっしゃいます。硬水ですが、まろやかな口当たりです。

P9270089_2  

観音霊水のすぐ近くにある「殿町の茶屋」へ。
こちらではヨモギ、ソバの2種類の藤姫饅頭が味わえます。

揚げたお饅頭とお茶などを頂き、お土産も購入です。

P9270093_2  

続いては川原に立つ埋没林を見に川原に下ります。
川原には色々な種類の石が転がっており、
持ち帰られるお客様も結構いらっしゃいます。

P9270099  

造園業をされている久志さんによる枯山水のミニ講義。
石の個性を生かしたり、黄金比による石の置き方など、
面白いお話を聞かせていただきました。

P9270102_4

12月に霜月祭りが開催される熊野神社にも行きました。
藤原による陰陽五行や霜月祭りの解説がありました。

熊野神社では特別氏子を募集しております。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/tohyamago/2009/09/post-3985.html
 

P9270105 

熊野神社は気の出る神社としても有名です。

気が出ている場所に手をかざすと、
ビリビリ来たり、温かく感じたりと、人によって異なるようです。
お立ち寄りの際は、ぜひ手をかざしてみてください。

 P9270112_2   

その後、木造校舎の旧木沢小学校へ移動し、
校内を見学していただきました。

最後の一年生が勉強していた教室で、
「21世紀の日本と日本人」と題して藤原の講演も。

講演内容はこちらからお聞き下さい。
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/09/2009-924e.html 

P9270113_2

講演会の後は、木沢小学校の校庭でバーベキュー。
(バタバタしていて写真が無いのが残念です)
様子は今回スタッフとしてお手伝いいただいた
ワイノさん(蒲沼さん)のブログをご覧下さい。

雑記帳・・・普通の生活
http://m-f7ccaa9557856202-m.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-fab7.html

今回は天気も良かったので、ゴザの上でお食事です。
もちろんお酒もたくさん召し上がっていただきました。

お腹一杯になられたところで、今回のイベントも解散です。
後はスタッフ達の宴会が始まります。


ご参加いただきましたお客様、遠い遠山郷までお越し頂き、
本当にありがとうございました。
今回は過去最高のご参加をいただきました。
まだまだ遠山郷の見所はたくさんございます。
ぜひまた遊びにいらして下さい。
地元の皆で楽しみにお待ちいたしております。

スタッフの皆様もお疲れ様でした。
おかげさまで楽しいイベントにすることが出来ました。
ありがとうございました。

|

« 和田小学校料理クラブ | トップページ | おせちの準備 »

コメント

荒井さん、そして今回のイベントのスタッフの皆さん2日間お疲れ様でした。
後、参加者の皆さん楽しんでいただけましたか?
はーい(なんて声が聞こえてきそうです)
楽しい2日間でしたね。これを機に遠山郷へ遊びに癒しに来てくれればと。
遠山郷へ来ると何か元気が出てくるんですよね。人生楽しくなっちゃうんですよね。だから何度も行きたくなるんですね。また皆さん達とお会いできるの楽しみにしてます。
荒井さん、また遠山へ行く時は前以って連絡入れますね。その時は一緒に飲みましょう。
何人かと・・・
ありがとうございました。

投稿: ワイノ | 2009年9月29日 (火) 07時08分

荒井様
アップされた写真を拝見すると
大盛り上がりのようで
藤原先生もインタ-ネットラジオで
まれに見る盛り上がりようだと
おっしゃってました
不謹慎ですがカラオケでのカツラの写真が
一番気になります
藤原事務所さんのイベントで
このような写真が見れるとは
何もわからない私には少し意外でしたが
こうゆうノリは大好きです
ホットします

投稿: 林 芳弘 | 2009年9月30日 (水) 23時19分

林芳弘 様

いつもお世話になっております。

今回の遠山郷はお蔭様で大盛り上がりでした。
私もあれほど盛り上った舞夢を見たことがありません。

写真にあるカツラは店のものなのか、持参なのかはわかりませんが、そのほかにも大きな打楽器などもございました。

ちょうど消防団の分団長がお店に居たのですが、後日スーパーでお会いしたときに「どこからあんなに人が来たのか」と驚いていました。

ぜひ林様もご一緒に舞夢へ参りましょう。
私は今回は飲まなかったので、次回は蓄えたパワーを発揮したいと思います。

遠山郷でお待ちいたしております。

荒井茂樹 拝

投稿: 荒井茂樹 | 2009年10月 1日 (木) 00時11分

ワイノさん

いつもお世話になっております。

先日のツアーでは、スタッフとして同行していただきまして、
ありがとうございました。

お客様にも十二分に楽しんでいただけたのではないでしょうか。

本当に遠山郷は不思議なところです。
ご存知の通り、秘境なのですが、都会には無い魅力が詰まっています。
ぜひまた遊びにお越し下さい。

次回はゆっくり飲みましょう!
私のボトルキープもありますので(残りわずかですが)
楽しみましょう。

これからも遠山郷を宜しくお願いいたします。

荒井茂樹 拝

投稿: 荒井茂樹 | 2009年10月 1日 (木) 00時21分

荒井様
ぜひ行きたいです

投稿: 林 芳弘 | 2009年10月 1日 (木) 20時20分

林芳弘 様

遠山郷のイベントはブログに載せさせて頂きますので、
機会がございましたらぜひ遊びにいらして下さい。
楽しみにお待ちいたしております。
今後とも宜しくお願いいたします。

荒井茂樹 拝

投稿: 荒井茂樹 | 2009年10月 2日 (金) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和田小学校料理クラブ | トップページ | おせちの準備 »